季節と暮らしを楽しむ七十二候『霞始靆 かすみはじめてたなびく』

2月23日からは七十二候の一つ、雨水・次候『霞始靆かすみはじめてたなびく』です。


春の朝日を浴びた山々で霞がたなびき始める頃。

「靆(たなびく)」とは、霞や雲が薄く層をなして横に引くような形で空に漂うこと。


春になると、遠くの景色が白くぼんやりとかすみ、幻想的に見えることがありますよね。

これを「霞」と呼びます。

霞(かすみ)は昼間の呼び名で、夜は朧(おぼろ)と呼び名が変わります。

聞き覚えがありませんか?

そう、童謡「朧月夜」です。

美しい歌ですよね

雨水の空を眺め春を感じ

和服姿でお出かけしてみてはいかがでしょうか(*^-^*)


きもの処公文

088-894-2975

Copyright© 2020 Kimono Dokoro Kumon. All Right Reserved.