季節と暮らしを楽しむ七十二候『菜虫化蝶 なむしちょうとなる』

3月15日からは七十二候の一つ、啓蟄・末候『菜虫化蝶 なむしちょうとなる』です。


厳しい冬をサナギとなって越冬し、暖かい春に羽化した蝶が舞い飛ぶ頃。

春の日差しを浴びて、ひらひらと美しく舞う姿は、春の象徴とされています。


「なむし」とは、菜の花やダイコン、カブ、ハクサイなどの葉につくモンシロチョウの幼虫、青虫のことをいいます。

成虫になってからの寿命は季節や雄雌によって異なりますが、平均的には2週間ほどだそうです。短いですね。。。


そんなモンシロチョウを見ると、幼い日の苦い出来事を思い出します。

小学校2年の春、室内に迷い込んだモンシロチョウをかわいそうに思い、虫網でなんとか逃がそうとしました。

ところが、虫網と天井の間に挟んでしまい、動かない。

大空で再び舞い、家族のもとに戻っていく姿をイメージしていたのに。。。


自分のしたことに後悔と懺悔。泣きながら、チョウを土に埋め、お墓をつくりました。

そんな苦い思い出のあるモンシロチョウと春。


大人になっても、運転中にひらひら舞ってくる彼らを見るとヒヤヒヤします。


春に舞う蝶をたくさん見かけたら、春もなかば

花粉症や黄砂も気になる季節、皆様体調を崩されませんように。


きもの処公文

高知県高知市春野町弘岡中1786

088-894-2975




Copyright© 2020 Kimono Dokoro Kumon. All Right Reserved.